SSブログ
前の6件 | -

「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」

「鬼滅の刃 無限列車編」の鑑賞に勢いをつけた鑑賞特典。ご多分に漏れず「シン・エヴァンゲリオン」も新たな映像に差し替えた新バージョンの鑑賞者に36Pの豪華冊子のプレゼント。この冊子とセットで12日以降の鑑賞チケットを写真にとってツイートもしくはインスタグラムに投稿すればポスターもゲット出来るというSNSキャンペーンが、功を奏したようで一部の劇場では、13日朝8時の時点でその日の上映会はすべて完売でした。興行収入100億円を視野に入れた大作戦です。この作戦、嫌いじゃありません(笑)


閃光のハサウェイ.jpg

私がこの作品の前売り券(ムビチケ)を購入したのは2019年1月です。現在コロナはまだ終息してはいませんが、上映までながかったなぁ~。


機動戦士ガンダム(初代)を高校時代にタイムリーでTV鑑賞してから現在までこうして劇場版の新シリーズが上映される人気作品最新作。元ホワイトベース(木馬)の艦長だったブライト・ノアと同船クルーのミライ・ヤシマがその後結婚して生まれた子(ハサウェイ・ノア)が主人公っていうのも感慨深いです(笑)


政府の高官が乗り合わせる豪華特別宇宙船に乗船していたハサウェイは旅の途中、反地球連邦政府組織マフティーを名乗るゲリラに襲撃されるも返り討ち。そのご縁で知り合った連邦軍大佐ケネス・スレッグと謎の少女ギギ・アンダルシア。この三角関係をベースに展開して行く三部作のうちのオープニング作。


連邦軍大佐(ブライト・ノア)が父でありながらハサウェイ・ノアの正体は、マフティーのリーダーというきな臭い始まりに今後の展開は期待大。モビルスーツの戦闘シーンもありますが、そちらがメインではないところが渋い。ハサウェイが操縦する新ガンダム?も夜間戦闘というお預け感もいいですし、ハサウェイと関わることになる少女ギギ・アンダルシアの正体も気になります。


初代ガンダムがオンエアされていた頃は、ロボットアニメ全盛期でした。多くの作品が子供向けからヤングアダルトを意識した作風に移行していた時期でガンダムはその点で突き抜けていました。本作は、ヤングアダルトどころか大人モードです。つまり、むかしのファンの成長にこの作品が合わせてくれたことの証ではないかと都合よく解釈しています(笑)


クオリティも大きく飛躍しました。ロボットアニメでありながらヒューマンドラマな描写とその視点から描かれる戦闘シーンもグッときましたよ。


監督:村瀬 修功

脚本:むとうやすゆき

原作:富野由悠季


キャスト(声の出演)

小野賢章、上田麗奈、諏訪部順一、斎藤壮馬ほか


2021年公開日本映画

上映時間:95分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「グリーンランド-地球最後の2日間」&「賭ケグルイ/絶体絶命ロシアンルーレット」 

6月です。映画「鬼滅の刃~無限列車編~」が、6月16日のDVD、Blu-rayソフトの発売前にとうとう興行収入400億円超え(国内)の大記録を打ち立てました。この記録は、私の日記でもあるこのブログにも記録させていただきます。「鬼滅の刃」の大記録は当分安泰だと思いますが、「鬼滅の刃」続編によって更新されることを期待しています(笑)


グリーンランド.jpg

突如地球に接近する彗星により人類滅亡の危機にさらされたら。そんなリアルを一家族の視点で描いた超大作。タイトルがなぜ「グリーンランド」なのか?人類の選別が始まったとき、彗星も怖いけど人間も怖い!あなたならどうするかを問われるシミュレーション型ヒューマンドラマ。


TVのニュースで彗星が地球に急接近しているとのニュースが流れるさなか、高層ビルの設計技師(ジェラルド・バトラー)の携帯に政府から選別されたことを告げるメッセージが届く。


巨大彗星の地球衝突が避けられない事態ともなると、報道さえも制限されるところが有りそ~って思ってしまいます。1億年続いたといわれる恐竜時代が隕石によって幕を閉じたなんて、誰もが想像すると思います。それ以上の隕石の衝突が避けられないと知った政府の決断は種の保存、生き残り。報道を目くらましに利用して裏では行動開始!


選ばれた人数は2000人。当然選ばれない人が、大騒ぎするのも範ちゅうのうち。世界中に彗星のかけらが激突し、あちこちの都市が消滅(東京も無料で宣伝してくれるサービスぶり:笑) その中の本命の一発がぶつかるまでの二日間を見て学ぶことは多いはず。


監督:リック・ローマン・ウォー

脚本:クリス・スパーリング


キャスト

ジェラルド・バトラー、モリーナ・バッカリン、デヴィッド・デンマン、ホープ・デイヴィス、ロジャー・デイル・フロイド、アンドリュー・バイロン・バチェラー、メリン・ダンジーほか


2020年アメリカ映画

上映時間:119分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


賭ケグルイ2.jpg

謎だらけの生徒会長 桃喰綺羅莉(ももばみ きらり)降臨!生徒会の威信を揺るがす蛇喰夢子を倒さんと呼び寄せた刺客 視鬼神真玄の策略によってまさかの会長職失脚(飼い犬に手を嚙まれる?)。


ギャンブル王国 私立百花王学園生徒会長 桃喰綺羅莉と転校生 蛇喰夢子。この二人には、共通した魅力があります。それは、何者をも寄せ付けない究極の賭ケグルイであることです。蛇喰夢子が主人公である以上ギャンブルに強いのはあたり前。しかし、その上を行くかのような桃喰綺羅莉の魅力が爆発した本作は、柔道に例えるなら一本!


視鬼神真玄に追い詰められる蛇喰夢子と桃喰綺羅莉の夢の共演。ロシアンルーレットに生死を賭ける頭脳戦はもちろん、視鬼神と綺羅莉の決定的な格の違いをご覧あれ。


まだまだこの作品、終わりません(笑)


監督:英 勉

脚本:高野 水登、英 勉


キャスト

浜辺美波、高杉真宙、藤井流星、松田るか、岡本夏美、柳美稀、松村沙友里、小野寺晃良、池田エライザ、中村よりか、三戸なつめ、矢本悠馬、森川葵ほか


2021年日本映画


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧

nice!(34)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「HOKUSAI」

5月最終日です。29日の朝刊1面で休業要請されていた映画館、博物館、美術館が時短要請に切り替えるとの記事がありました。感染要因の大半が飛沫によるものと考えるといずれも大声でおしゃべりする場所ではありませんし、マスクやアルコール消毒を実践していますので妥当な判断ではないかと思いました。鑑賞系のファンからすれば朗報ですね。


HOKUSAI.jpg

葛飾北斎の絵は見たことあるけど、どんな人物なのか?そんな想像を膨らませながら駆け出しの時代から晩年までの人物像を二人の役者さんが熱演する三章構成作品です。


江戸時代の絵師 葛飾北斎さんの波の表現、遠方に臨む富士山。一度見ただけで心をさらわれるようなあの印象深い作品はどのようにして生まれたのでしょうか?


印刷技術のなかった時代に当時の人気アーティスト喜多川歌麿さんらをプロデュースしていた版元によって作品が流通していたというのも興味深くて、版元の主人 蔦屋重三郎(阿部 寛)が、まだ原石だった北斎に才能を見出し、育てるエピソードは魅力的。


人は出会いによって人生が大きく変わる。北斎と蔦屋重三郎の出会いがまさにそれで、山猿と噂される荒くれ北斎に「なぜ絵を描く?」という確信をついた質問に対する北斎の答えを聴いて「そんな気構えならやめちまえ!」と一喝するんです。自信もプライドもズタズタにされた北斎は、店を飛び出して行きますが、筋の通った蔦屋重三郎に認められたい気持ちがあったのか、作品を携えて戻ってくるんです。


蔦屋重三郎と出会わなければ、北斎は存在しなかった!かもしれません(笑)


ドラマの背景にある大きな問題。それは、幕府が表現者を弾圧していたということです。庶民が楽しんでいる浮世絵などが、世を乱す根源だというわけです。


それでも書き続けるしかない北斎。下手にふるまえない理不尽な世に、武士が刀なら絵師は筆を刀としてあらがったのかもしれません。


本作を鑑賞して、北斎さんの原画を鑑賞してみたくなりました。作品の多くは海外に流出しているようですが、日本では千葉市美術館や東京国立博物館に所蔵されてるようです。


監督:橋本 一

脚本:河原れん


キャスト

柳楽優弥、田中 泯、玉木 宏、瀧本美織、津田寛治、青木崇高、辻本祐樹、浦上晟周、芋生 悠、河原れん、城 桧吏、永山瑛太、阿部寛ほか


2021年公開 日本映画

上映時間:129分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧

nice!(35)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

「地獄の花園」

劇場で上映前の幕間(まくあい)のお時間で延期になっている「コングVSゴジラ」の予告がありました。ネットに上がっている動画を含めるともう何回みたことか(笑) で、この「コングVSゴジラ」のネット動画で気になったのが、登場する伏兵(私は見てしまったのですが、見ない方がいいですよ)が鑑賞意欲をめっちゃ刺激してくれました。もうこれは、絶対にIMAX(超大画面)と決めました!(宣伝ではなく本心です:笑)


地獄の花園.jpg

お笑い芸人のバカリズムさんが脚本を手掛けたなんて知ってしまうとなんか尊敬してしまうじゃあ~りませんか。このご時世、こういう空想おバカ映画(愛をこめた褒めことば)を欲していました(笑)


経済社会を支える企業の裏側で繰り広げられるOLたちの覇権争い。設定は「北斗の拳」のOLバージョンか?力がすべて、弱肉強食のトップ争い(なめられてはあかん)!登場する肉食OLたちは大怪獣、悪魔、狂犬、魔王、地上最強と思いつく限りの怖そうな肩書に遜色のないくせものオールスターズ!


ちょっと、遠藤憲一さん、笑わせないで!部下の参謀三人含めてOLじゃなくて女装やん(笑) でもそこがサイコー!いい、すっごくイイッ!(笑)


社内の通路で鉢合わせた肉食獣たちは、即バトル!バトルに次ぐバトルで次々と勢力図が変わる中、中途入社してきたカリスマOL蘭(広瀬アリス)が、頭角を現す!


蘭のパワーがパワーを引き寄せ、とうとう魔王(遠藤憲一)に目をつけられちゃった!蘭と仲良しだった普通OLの直子(永野芽衣)が人質として拉致されたのだ。


ビシッ!バシッ!炸裂する波動拳!骨がきしみ、肉躍るバトルアクションの結末は、意外にも乙女チックであるところが「地獄の花園」(笑)


監督:関和亮

脚本:バカリズム


キャスト

永野芽衣、広瀬アリス、菜々緒、川栄李奈、大島美幸、勝村政信、松尾諭、丸山智己、遠藤憲一、小池栄子、ファーストサマーウイカ、近藤くみこ、かなで、室井滋 ほか


2021年日本映画

上映時間:102分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


nice!(36)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「シカゴ7裁判」

今週の大きな話題と言えば星野源さんとガッキーこと新垣結衣さんの結婚ですね。デープ・スペクターさんのツイートで知ったときは、またいつものジョークだろうと思っていましたら本当だったのですね(笑) お二人の明るいニュースに感謝します。「おしあわせに!」


第93回アカデミー賞ノミネート作品を可能な限り劇場鑑賞しております。本作は作品賞にノミネートされた作品のひとつ。Netflix のオリジナル作品ですが、一部の劇場で鑑賞出来ますので興味のある方はご覧になってみてください。


作品内容は、1968年のベトナム戦争に対する反戦運動で暴動を扇動したとされる若者7人の裁判が、メインです。事実に基づいた内容ということを頭に入れて鑑賞すると、冒頭からこの裁判が公平であるのかという点に疑問を抱きます。裁判の私物化は、実際にあってはならないことなのですが、鑑賞者からすればそこが見どころ一丁目一番地(笑)


図式は、「暴動を扇動した若者に罪の償いをさせたい裁判官VSブラックパンサー党」とまるでB級映画のタイトルみたいですけど、そんな印象です(笑) ブラックパンサーって、今だとマーベル映画を連想しますが、当時の若者たちが反戦活動を行う上で中心的な役割を担った組織です。有罪にしたい裁判官との対立的構図なので、やった、やってないの露骨な駆け引きに終始しているように思わされるのですが、そこはノミネート作品。判決の決め手となる証言では、「そう来たかぁ~」と唸らされるわけです。そこは、事実なのか演出なのか分かりませんけど(笑)


裁判映画は、正しいものがピンチを迎えたときの逆転劇が醍醐味だと思います。ほかで印象に残っている作品では「評決のとき(1996年公開)」があります。人種差別が起因する裁判映画でこの作品の逆転劇も「やったぁ~!」でした(笑)


監督・脚本:アーロン・ソーキン


キャスト

エディ・レッドメイン、アレックス・シャープ、サシャ・バロン・コーエン、ジェレミー・ストロング、ジョン・キャロル・リンチ ほか


2020年アメリカ映画

上映時間:130分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧

nice!(32)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「21ブリッジ」&「ファーザー」

先日届いたはがきを見て、ご無沙汰している友人に電話をしてみましたら元気そうな声を聴くことが出来ました。夜11時過ぎということもあり、自宅でおくつろぎ中の非礼をお詫びしましたらホテルで過ごしていると返答。何とPCR検査で陽性と診断されたのだそうです(友人にとうとうコロナ感染者が!)感染リスクは、常に意識しているつもりでしたが、さすがに友人の感染告白はショックでした。みなさま、どうぞご自愛くださいませ。


21ブリッジ.jpg

マーベル映画「ブラックパンサー」役でブレイクしたチャドウィック・ボーズマンさんの刑事役が、ハマっています。警察官8人殺害の強盗犯を追い詰める、事件解決まで一気見のクライムアクション。エンディングまで途切れない緊張感にしびれます。


鑑賞が終わって劇場を出た後の気分の良さと言ったらネタバレになるかもしれませんが、" 強盗犯の逮捕 " に特化したシンプルなストーリー展開なので鑑賞者もドキドキすることに集中出来ます(楽しめます)。しかもひっくり返るようなオチもちゃんと用意されていますからお腹も満たされます(笑)


21ブリッジは、マンハッタン島にかけられた橋の数を意味しているようです(セリフから察するに)。橋以外でも地下鉄などの交通網をすべて封鎖し、犯人を袋のネズミにしてしまう作戦らしいです。


強盗犯二人組はそもそも麻薬お目当ての小悪党。彼らも異変を感じるような想定外な流れに巻き込まれ、引くに引けない沼にはまります。単なる逮捕劇ではなく、裏で動く得体の知れない何者かのにおいが中盤からプンプンしてまいります。


麻薬捜査官とバディを組み、捜査にあたる刑事デイビス(チャドウィック・ボーズマン)の事件解決後の空を仰ぐ素顔が印象的でした。


監督:ブライアン・カーク

脚本:アダム・マーヴィス、マシュー・マイケル・カーナハン


キャスト

チャドウィック・ボーズマン、シエナ・ミラー、テイラー・キッチュ、J.K.シモンズ ほか


2019年中国・アメリカ映画

上映時間:99分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


ファーザー.jpg

第93回アカデミー賞主演男優賞を受賞したのは、チャドウィック・ボーズマンさんではなくて、このかたでした。授賞式当日は、式に出席することもなく家で寝ていたなんて記事を何かで読みました(笑)


人生100年時代を喜ぶべきか、憂うべきか?出来る事ならピンピンコロリ、認知症だけはご勘弁。名優アンソニー・ホプキンスさんが、認知症患者をど真ん中に演じる力作。


日本映画「長いお別れ」では、山崎務さんが認知症を患った父親役を演じておりましたが、このお父さんは昔の思いでの場所に徘徊してしまう、リアルでありながらも和ませてくれる感動作として描かれていました。一方本作のアンソニー・ホプキンスさんは、認知症のリアルを追求した(とことん向き合った)問題作だと思います。


アンソニー・ホプキンスさん演じるお父さんは、とにかく自分の域を出られず、時計を盗まれたとか娘がフランスに移住して自分の面倒はどうするとか、記憶の書き換えをして健常者からすれば話のつじつまが合わないこじらせ父さんなんです。でもこれが現実のように思えてしまうんですよ。


かなり前に「NHKスペシャル」か、「クローズアップ現代」のどちらか(忘れました)で認知症が取り上げられて、それを見ていたのですが、レンズに映し出された認知症を患った祖母の姿は衝撃的でした。もう映画にするレベルではないんです。会話が成立しない、道端に生えている草を食べる。介護する娘さんは、先に他界したおじいちゃんに涙を流しながら「早くお迎えに来てあげてください」って言うんですよ。もう絶句でした。


コロナも怖いけど認知症も怖い、認知症の正しい怖がり方を教えてください


監督:フロリアン・ゼレール

脚本:クリストファー・ハンプトン、フロリアン・ゼレール



キャスト

アンソニー・ホプキンス、オリヴィア・コールマン、マーク・ゲイティス、イモージェン・ブーツ、ルーファス・シーウェル、オリヴィア・ウィリアムズ ほか


2020年イギリス・フランス映画

上映時間:97分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧

nice!(31)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
前の6件 | -