So-net無料ブログ作成

「アルキメデスの大戦」

新聞広告で女優 芦田 愛菜さんの書籍「まなの本棚」が目に留まりました。芦田 愛菜さんと言えば、私の場合は「パシフィック・リム」に出演した少女のイメージが残っているのですが、いつのまにやらレディになられて書籍を刊行という成長ぶりに時の流れを感じたりします。本が大好きという彼女が本の魅力にとりつかれた初めての1冊って、ちょっと気になっています(笑)


アルキメデスの大戦.jpg


毎年、夏がくれば思い出す「遥かな尾瀬~」、ではなく反戦映画の上映。1933年、日本は国連を脱退し、世界から孤立。戦争(第二次世界大戦)へと向かう流れの中で極秘に計画されていた戦艦「大和」の建造。この計画を阻止する一人の天才数学者のミッションが描かれた「アルキメデスの大戦」は、歴史から着想を得たフィクションだそうですが、この切り口はよかった!


当時の機運から海軍省上層部では、戦争を想定した計画が練られ世界一の戦艦の建造を主張する推進派と航空母艦の建造を推進する反対派とで対立していました。アメリカの国力からすれば、日本が戦艦で勝てるわけがないことを知っていた山本 五十六少将(舘 ひろし)は、大和建造を予算の観点から阻止しようと考え、元帝国大学の数学者 櫂 直(菅田 将暉)を海軍省に少佐付けの特任で呼び寄せます。


大和の建造費は軍機(軍事上の機密)とあって資料は非公開、しかも予算決定の会議は2週間後。この限られた時間で建造費の不当性を証明しなければならない櫂は、海軍省の中でも孤立無援。推進派の度重なる妨害行為に晒されながらも横須賀港に停泊する長門に乗船し、船体を計測。ここから割り出された数値をもとに大和の建造費算出を試みます。


山本少将のセリフがダジャレになっていたり、変わり者の櫂の行動がユニークであったりと戦争の悲惨さに重点を置かず、戦争という流れを一個人ではどうすることも出来ない怖さ、後に明かされる推進派 平山中将(田中 泯)の考えにご注目!


監督・脚本・VFX:山崎 貴
原作:三田 紀房「アルキメデスの大戦」(講談社「ヤングマガジン」連載)


キャスト
菅田 将暉、柄本 佑、浜辺 美波、笑福亭 鶴瓶、小林 克也、小日向 文世、國村 隼、橋爪 功、田中 泯、舘 ひろし他


2019年日本映画
上映時間:2時間10分


新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧


「アルキメデスの大戦」のキャストを観て、すぐに気づいたのですが主要キャスト4名が何とラジオ ニッポン放送で番組を持つパーソナリティーなんです。ご紹介しますと…


菅田 将暉(毎週月曜25:00~27:00 菅田 将暉のオールナイトニッポン)
浜辺 美波(毎週月曜~木曜24:53~24:58 浜辺 美波の真夜中のシンデレラ)
笑福亭 鶴瓶(毎週日曜16:00~17:30 笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ)
小林 克也(毎週土曜8:00~8:30 Music Machine GO!GO!)


いかがですか?皆さん多才でいらっしゃいますね。ご興味のある方は、ぜひご視聴なさってみて下さい(笑)

nice!(32)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 32

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。