So-net無料ブログ作成

SPACE BATTLESHIP ヤマト

先日久々にツタヤに出かけましたら「面白くなければレンタル料お返しします」のシリーズ第4弾が開催されていました。第4弾は「L.A.コンフィデンシャル」です。この作品は私も好きな作品で納得いたしました。主役を務めるのはガイ・ピアースとラッセル・クロウですが私にとってラッセル・クロウが強烈な印象に残った大人の映画です。最新作の「ロビン・フッド」は今から楽しみにしています。

ヤマト.jpg 前売り券

構想36年、タイトルからして世界を視野に入れた「SPACE BATTLESHIP ヤマト」を紹介します。以前このブログでも記事にしました「宇宙戦艦ヤマト」を実写映像化したものですが私も初期TVシリーズのファンでありますから感想というよりは大勢の新しい世代に鑑賞して欲しいという制作者側の気持ちに近いような心境で鑑賞しておりました。人気TVドラマの映画化作品を鑑賞する割にはTVシリーズを見ていないのが私の現状ですがこの作品に限っては内容を知り尽くした上での鑑賞ですから真逆です。あのシーンでの役者のセリフとか浮かんできますし、割愛されたエピードを惜しんでみたりと展開の動向を見守りつつ若い世代にどう映っているのか?少々気になるところです。

ストーリーは初期のTVシリーズに劇場版を加えたアレンジ方式で、若干のキャスティング変更が加えられたスタイルです。土台を初期TVシリーズにしたことは原点回帰でもありますが、未知の侵略者の攻撃によって放射能に汚染され変わり果てた地球を救う勧善懲悪の物語は目的が明確であり、目的達成のプロセスにおいて人間ドラマに厚みや説得力が加わります。近年の作品傾向としては政治的な要素が加わり、複雑になりすぎたのではないかと思っていました。単純明快なストーリーでありながら人類の未来を掛けて14万8千光年という遥か彼方の宇宙へとバクチに打って出る壮大な物語に一喜一憂し、夢に酔いしれる、そこがこの作品の魅力です。

冒頭で地球の新鋭艦隊が敵にまったく歯が立たず壊滅的打撃を受けるという絶望感のスタート、兄を見殺しにしたという誤解から生じる沖田艦長と古代の確執、宇宙から届いたメッセージにより最後の希望であるヤマトが敵と互角に戦える性能を手に入れるなどなど、往年のファンにとっては何もかもみな懐かしい場面ばかりです。本来ならばヤマトの性能実験や登場人物のエピソードなどじっくり解説がなされ確かめながらイスカンダルへと鑑賞者も旅を楽しむところですが上映時間という制約から端折って展開しなければならないため、ここは制作者の手腕が問われるところです。どこに力点を置くかという点でやはり人間ドラマになる点は仕方ないでしょう。

主人公古代進を木村拓也、沖田艦長を山崎努、徳川機関長に西田敏行、島大介を緒方直人、真田志郎に柳葉敏郎、森雪に黒木メイサと豪華なキャスティングがお馴染みの配役をどう演じるか、また数々の作品でVFX技術の高さを証明した「ROBOT」、「白組」が壮大な宇宙、敵とのバトルシーンをどう表現するかは大きな見所です。私が昔から一番気になっている場面はやはり映像化もされていましたがヤマトの発進シーンです。発進するシーンは重量感、臨場感たっぷりですごく良かった、問題なのは発進した後です。ヤマトの船尾は地下にある居住空間にまで及んでいましたから発進してしまったら大きな穴が空いて外の放射能に汚染されてしまうのではないかという点です。まあ、時代は今から100年以上先のお話ですからその辺の対策は抜かりなくシーンはカットされたものと解釈しましょう。それと最大の関心事は敵のガミラスです。地球を瀕死の危機に追いやった敵をどう演出するか興味津々で特に大ボスのデスラーは誰が演じても恐らく笑ってしまうんじゃないか?関心と並行して心配になりましたがこれは見て下さい。

製作に当たった監督さんも「宇宙戦艦ヤマト」が好きだったのではないか?そんなことを感じさせてくれたのはナビゲーターロボットのアナライザーやその他所々ヤマトに関わった声優を起用しているあたり、コアなファンも計算に入れているな~と感心させられました。当時の制作者であった西崎義展氏、音楽の宮川泰氏、ナレーターや古代進の声優は故人となってしまいましたが作品は健在ですね。

監督・VFX:山崎 貴
脚本:佐藤嗣麻子
音楽:佐藤直紀
キャスト
古代進(木村拓也)、沖田十三(山崎努)、徳川彦左衛門(西田敏行)、島大介(緒方直人)、真田志郎(柳葉敏郎)、森雪(黒木メイサ)、斎藤始(池内博之)、古代守(堤真一)
上映時間:2時間18分
2010年日本映画

新作映画・試写会ブログランキング参加用リンク一覧 "にほんブログ村 映画ブログ" へご案内、push please! 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0